Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-

Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-...1
Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-...2
Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-...3
Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-...1
Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-...2
Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう-...3
美人格闘姉妹とのハンディキャップマッチ!

【概要】
柊ゆうな・柊みう姉妹に敗北したカズヤは、特訓を重ね、以前よりも強い格闘家へと短期間で成長した。


その噂を聞きつけた柊みうは、カズヤに対してリング上でのハンディキャップマッチを申し込む。



カズヤにとっては、2vs1という不利な状況だが、カズヤは姉妹への雪辱を果たすため、この申し出を受け入れる・・・

【登場人物】
カズヤ:
北辰流古武術の使い手。

姉の柊ゆうな、妹の柊みう、それぞれとの対戦で破れてしまった過去を持つ。


その悔しさをバネに厳しい修行を自らに課し、肉体改造を行った上で、姉妹との再戦に挑む。



柊ゆうな(特別出演):
柊みうの姉。

普段は妹思いの優しい姉であるが、真面目であるため、手加減が出来なくなる場合がある。



ファイトスタイルは、妹とは対照的で、性格的に打撃を苦手としている為、主に密着系の寝技を好んで使用する。



柊みう(特別出演):
柊ゆうなの妹。

普段は姉思いの女の子だが、勝負事となるとブレーキが効かなくなり、喧嘩っ早い側面を持つ。



ファイトスタイルは、スピードを活かした打撃を中心とするが、最近は姉の柊ゆうなから、絞め技・関節技などを学んでおり、姉ほどの実力はまだないものの、実戦で十分に通用するレベルに到達している。



【用語解説】
Beat!:
格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。


男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。


独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。



男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、
男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。



運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。



本編18ページ+表紙1ページ

【制作陣】

・SPECIAL THANKS!!!
ほのるる様

・イラスト
トッポギ様

・企画・脚本・原案
The Nation of Head Scissors

関連同人作品

Girls Beat! -vsラミア-

Girls Beat! -vsラミア-

【概要】北辰流古武術という合気道をベースにした格闘術を使うカズヤは、流派の知名度向上を図るため、「Beat!」で定期的に行われる「異種」格闘技戦への申込みを行った。ここで言う「異種」は他の格闘技や、他流はと戦うのではなく、モンスター等の人外と戦うのだ。カズヤの相手となったのは、蛇の身体を持つ女性、ラミア。彼女が繰り出す、強力な絞め技や打撃、そして毒の攻撃からカズヤは生き残る事が出来るのか・・・【登場人物】カズヤ:北辰流古武術の使い手。Beat!の存在を知り、自身の修行のため登録を決意した。最近は、自身が所属する流派の知名度向上の為、Beat!内で人気がある特殊ルールの対戦試合によく出場する。ラミア:上半身は人間、下半身は蛇の姿を持つ女性。普段は人間の姿をして、人間社会に潜伏している。Beat!からモンスター枠での出場依頼を受け、今回初めてラミアの姿で、人間の男と対戦する事になった。全身で相手に巻き付いて絞め上げる事は勿論、人間の腕を使った絞め技(スリーパーホールド等)を得意とする。他にも重い体重を乗せたパンチや、体内で生成した特殊な毒で相手を甚振る事を好む。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編15ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vsリエ-

Girls Beat! -vsリエ-

陸上部で鍛えた肉体で、同級生を甚振る女の子【概要】サイトウが対戦部屋に入ると、そこには同級生の「リエ」が待ち受けていた。同級生の女と対戦する事実に驚愕するよりも、自分よりリエが「格上」である事を知ったサイトウは、問答無用でリエに襲いかかる・・・しかし、その激昂を敗北と絶望に変え、サイトウを堕とす事がリエの目的だった。女子陸上部で鍛えられたリエの肉体が、自堕落なサイトウの身体を徹底的に甚振り、捕食する・・・【登場人物】サイトウ:リエと同級生の●●●。典型的なヤンキーで喧嘩っ早い一面を持つ。しかし、格闘技経験があるわけでもなく、また喧嘩もさほど強いわけではない為、「Beat!」内でのレベルは低い。その為、今回同級生のリエと対戦する運びとなった。リエ:女子陸上部に所属しているサイトウと同級生の女の子。他の女子陸上部員の紹介で「Beat!」に参加するようになった。陸上部で鍛えた強靭な脚を使った攻撃を得意としており、特にローキックには定評がある。最近は他の女子陸上部員の奴●となった複数の人間サンドバッグを練習相手に、絞め技や関節技の習得に励んでいる。今回はその練習成果を試すため、サイトウを指名した経緯がある。余談であるが、練習後の彼女の足の臭いは、女子陸上部員の中で一番臭いと言われている。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編15ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vsナミ-

Girls Beat! -vsナミ-

格闘家の元彼女に完膚なきまでにリンチされる恐怖!【概要】ユウタが対戦部屋に入ると、そこには元彼女である「ナミ」が待ち受けていた。今回の試合は、特殊な条件が設定され、この試合でユウタがナミに勝つことが出来れば、彼が背負った多額の借金は帳消しになる。そして、ナミは元交際相手であるユウタに勝てば、多額の報酬が支払われる事になっている・・・女性格闘家相手という絶対不利な状況で、ユウタは希望を繋ぐことが出来るのか・・・【登場人物】ナミ:ユウタの元彼女。学生時代の先輩の顔を立てるため、ユウタと短期間交際していたという事もあり、特段ユウタに対して特別な感情は抱いていない。幼少期から柔道、レスリングを始めとする格闘技に精通しており、スポーツ特待生として大学に通っている。Beat!に所属する女性格闘家の中でも、正統派に分類されている実力者だが、破壊的なサディストとしても知られている。ベビーフェイスな容姿に合わず、絞め技で相手をじっくりと苦しませ、完全な敗北を相手の心に刻む事に快楽を覚える。ユウタ:ナミの元交際相手。金銭関係にだらしがなく、多額の借金を背負ってしまっている。平気で女性にも手を上げる側面があるが、喧嘩は強くない。今回「Beat!」で元彼女のナミを倒せば、借金を全額返済してもらえるという条件で参加した。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編15ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vsシズク&ミア-

Girls Beat! -vsシズク&ミア-

ドSチアリーダー達に、心も身体も徹底的に壊される!【概要】人気動画配信者であるシズクとミアの目に留まった事により、2人との対戦権を得たカズヤ。この対戦を機に、自身の流派を広めようと野望を抱く・・・そんなカズヤの野望を、動画チャンネル「Cheers Beat! 」で粉々に砕こうと、シズク&ミア、最強のチアリーダー2人が、カズヤに襲いかかる・・!!!【登場人物】カズヤ:北辰流古武術の使い手。人気動画投稿グループの「シズク&ミア」に目に留まり、挑戦権を得る。自身の流派を広めるため、2vs1のハンディキャップマッチに挑む。シズク&ミア:「Cheers Beat! 」というハンディキャップマッチ専門の動画配信を行っている人気グループ。以前は、チアリーディングのダンスやテクニックを配信しているに過ぎなかったが、学園内でのチアリーディング風景を盗撮していた男を、成敗した際の動画が一躍人気となり、それ以降「Beat!」の技術的・経済的支援を受け、ミックスファイト専門の動画チャンネルに成長した。常に2vs1のハンディキャップマッチしか行わない上、2人とも高い運動神経を有するため、チャンネル開設以来無敗である。チアリーダー特有の動きを用いた攻撃や、高い連携プレイを駆使して、相手を追い詰める。シズクとミアが繰り出す技の中でも、首4の字と足4の字を組み合わせた「8の字固め」は、脱出不能で最も危険と言われている。最近は、自分達の臭いを嗅がせて男性を堕とす事が、2人の中でブームになっているようである。**注意点**作中にはかなり過激な暴力描写や、脚の臭い・脇の臭いで強烈に責める描写がありますのでご注意下さい。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編15ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vs柊ゆうな-

Girls Beat! -vs柊ゆうな-

巨乳●●格闘家の「お仕置き」に耐えられるか!?【概要】打撃系ファイター「柊みう」との対戦場に訪れたカズヤは、驚きの光景を目にする。自分の対戦相手である柊みうが、その姉の「柊ゆうな」に、首4の字固めで絞め落とされていたのだ。柊ゆうなは、妹の柊みうに、Beat!への参加を固く禁じていたが、妹がその約束を破った為、Beat!に乗り込み、「お仕置き」しに来たのだった。柊ゆうなの「お仕置き」の矛先は、対戦相手のカズヤにも向けられる・・・【登場人物】カズヤ:北辰流古武術の使い手。柊みうとの対戦予定だったが、姉の柊ゆうなの妨害にあってしまった。試合を妨害された怒りが湧き上がるも、自分と圧倒的実力差のある、柊ゆうなとの対戦に苦しめられる。柊ゆうな(特別出演):妹である「柊みう」が約束を破って、Beat!に参加した為、それを止める為に急遽参戦した。普段は妹思いの優しい姉であるが、真面目であるため、手加減が出来なくなる場合がある。ファイトスタイルは、妹とは対照的で、性格的に打撃を苦手としている為、主に密着系の寝技を好んで使用する。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編15ページ+表紙1ページ【制作陣】・SPECIAL THANKS!!!ほのるる様・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! vsマミ

Girls Beat! vsマミ

武闘派ギャルの強烈拷問!!!【概要】サトシが対戦部屋に入ると、そこには武闘派ギャルとして有名な「マミ」が待ち構えていた。今回指定された対戦条件は、「武器ありのバーリトゥード(何でもあり)」。サトシは一瞬で勝負を決めると決意するも、武闘派ギャルのマミに思わぬ反撃を受け、全身を拘束されてしまう・・・果たしてサトシは、武闘派ギャルの過激な拷問から生還する事は出来るのか・・・【登場人物】サトシ:北辰流空手道の使い手。数ある空手道の中でも、最も実践的な格闘術と評価されているだけあり、サトシの’Beat!’上のランクもかなり上位にある。正統派の格闘家ゆえに、トリッキーな攻撃にめっぽう弱い。マミ:武闘派ギャルで生粋のサディストで拷問好き。対戦相手の性別に関係なく、性器破壊を始めとする、拷問技を好んで使う。彼女の拷問を受けて選手生命を絶たれた者や、奴●・サンドバッグにされた者が、数多くおり、そういった奴●達を練習台にし、日々拷問技を磨いている。グレープ味のスティックキャンディーが好きで、対戦中にも舐めている事が多く、時折それを武器や拷問器具としても使用する。**注意点**作中にはマンカス臭い責め、尿道責め、性器破壊などの、拷問色が強いハードな責め描写がありますのでご注意下さい。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編15ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vsレナ-

Girls Beat! -vsレナ-

女教師の拷問特別レッスン!【概要】リュウが対戦部屋へと入ると、そこには女子学園に勤める女体育教師「レナ」が待ち受けていた。男子生徒を「公正」させる事が大好きなレナは、自分が得意な寝技勝負へと持ち込んでいく。レナの拷問特別授業に、リュウは耐えうる事が出来るのか・・・【登場人物】リュウ:硬派な武闘派として知られる陸省学園の生徒。格闘技経験はないものの、ストリートファイトや「Beat!」で良好な成績を収めている。しかし、格闘技経験がない為、寝技などの技術勝負を苦手としている。レナ:女子学園に勤める女性体育教師。学生時代にダイエット目的で始めた柔術にのめり込み、教師になった現在も道場に通い続けている実力者。自身が教える学園で、一部の不良女子生徒が「Beat!」に参加している事が問題となった際、その実態調査の為に登録を行った。「Beat!」内で年下の男子生徒を嫐った経験が癖になり、実態調査が完了した現在に至っても、男子生徒を「公正」させる為に試合を続けている。柔術がベースである為、グラウンドでの絞め技・関節技で相手を追い込む事が多い。また戦闘不能となった男子生徒を快楽責めで甚振るなど、性的な攻撃にも長けている。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vsアイリ-

Girls Beat! -vsアイリ-

【概要】M男のヒロは、Beat!内で特別報酬を条件に、M格闘プレイの募集を掛ける。その投稿は、援交●●のアイリの目に留まり、ヒロからの攻撃が一切認められない、「特別ルール」の試合が行われる事になった・・・アイリの妖艶で、サディスティックな攻撃から、ヒロは耐えきる事が出来るのか・・・【登場人物】ヒロ:Beat!に所属する●●●。格闘技経験はないが、マゾヒストで一定以上の打たれ強さがあるため、’サンドバッグ’役として、一定の評価を受けているようである。アイリ:水泳部に所属する現役●●。学業の傍ら、アルバイト感覚でM男イジメを行っている。身体能力が非常に高く、格闘技経験のある男性でも力負けする事がある。一緒にM男ボコりを行っている友人から格闘技を習っており、絞め技・関節技も一通りこなす実力を持つ。水泳で全身が鍛えられている中、特に脚力が人一倍強い為、三角絞めや首4の字固めを非常に好んで使う。今回はBeat!でヒロの存在を知り、高額な特別プレイ料金を条件に、ヒロとの対戦を承諾した。こちらの作品をご覧頂くと、より楽しんで頂けると思います!No Way Out -援交●●の太もも牢獄-【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vs柊みう-

Girls Beat! -vs柊みう-

妹系格闘家の打撃と絞め技で徹底的に追い込まれる!!!【概要】カズヤは前回流れてしまった試合の再戦を「柊みう」から申し込まれ、対戦場に向かった。対戦場に着くと。実の姉である「柊ゆうな」を屈辱的な方法で絞め落とす「柊みう」の姿があった・・・彼女は打撃だけのファイターではなく、姉仕込みの寝技も得意とするようだ。「邪魔者も居なくなったし、ようやく戦えるね」柊みうはそう言って、カズヤに襲いかかる!!!果たしてカズヤは、柊みうの打撃と姉仕込みの寝技の猛攻を、退けることは出来るのか・・・【登場人物】カズヤ:北辰流古武術の使い手。柊みうとの対戦予定だったが、姉の柊ゆうなの妨害にあってしまった。試合を妨害された怒りが湧き上がるも、自分と圧倒的実力差のある、柊ゆうなとの対戦に苦しめられる。柊みう(特別出演):前回のBeat!での試合を姉に邪魔された為、今回改めてカズヤに再戦を申し込んだ。姉からの妨害があったものの、姉を倒した上で、カズヤとの再戦に望む。普段は姉思いの女の子だが、勝負事となるとブレーキが効かなくなり、喧嘩っ早い側面を持つ。ファイトスタイルは、スピードを活かした打撃を中心とするが、最近は姉の柊ゆうなから、絞め技・関節技などを学んでおり、姉ほどの実力はまだないものの、実戦で十分に通用するレベルに到達している。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編15ページ+表紙1ページ【制作陣】・SPECIAL THANKS!!!ほのるる様・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! vsミズキ&マナ

Girls Beat! vsミズキ&マナ

残酷!おね●●●マッチ!【概要】コウタは自身の経験を積むため、今回初めて格上とのハンディキャップマッチを受け入れる事にした。しかし、女性への免疫が乏しいコウタは、一瞬でミズキとマナの誘惑で堕とされてしまう。ミズキとマナ、格上のOLお姉さん二人組からの猛攻をコウタは耐え抜く事が出来るのか・・・【登場人物】コウタ:Beat!に所属する最年少クラスのレスラー。まだ格闘技を始めて1年程度であるが、運動神経が良く、飲み込みも早い為、期待されている。今回は経験値を上げるため、格上のミズキ&マナとの対戦を受け入れる。ミズキ(表紙左):大手上場企業に務めるエリートOL。学生時代にレスリング、社会人になってからは、総合格闘技を習っている。脚を使った寝技を非常に好んでいる為、Beat!内では「蛇女」という別名が付いている。年下の●●●を甚振るのが好きで、Beat!内でマナと共に年下狩りを行っている。マナ(表紙右):大手外資系企業に務めるエリートOL。学生時代はバスケ部であったが、社会人になってから体型維持の為、総合格闘ジムの門戸を叩く。そこでミズキと出会い、総合格闘技にのめり込み、ミズキと共に年下狩りを行っている。格闘技歴はまだ浅いため、ペニスバンドのような道具を使った責めを好む傾向にある。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat!ぷらす -vsユウカ-

Girls Beat!ぷらす -vsユウカ-

ヒールレスラーとバトルファックで勝負!*Ci-enにて、先行公開を行っていた作品です*【概要】今回「Beat!」では、「相手を逝かせたら勝利」という新ルールが設けられた。腕に自信のあるBFレスラーと、ヒールレスラーのユウカが戦うことになった。果たして、Beat!初のバトルファック試合を制するのは、どちらなのか・・・【登場人物】BFレスラー:地下の有名バトルファックレスラー(BFレスラー)。今回「Beat!」初参戦。巨根で数々の女をリング上で沈めてきた実績を持つが、巨根に頼りすぎている部分があり、格闘技のスキルはあまり高くない。ユウカ:女子プロレス団体「タナトス」に所属するヒールレスラー。清楚な外見とは裏腹に、急所攻撃や反則攻撃を好んで使う。新体操がベースにあり、柔軟性に優れ、あらゆる体勢から攻撃を仕掛ける事が出来るオールラウンダーである。またお尻が非常にもっちりとしており、相手の顔面を自分の尻にギチギチに食い込ませ、窒息させる。公式には発表されていないが、過去にバトルファック経験がある。バトルファックでは、相手を潮吹きさせ、完全な戦闘不能状態に追い込むことを好む。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vsアイナ-

Girls Beat! -vsアイナ-

思いを寄せてる女の子に、密着技で嫐られる!【概要】「Beat!」への参加登録をアイナから打診されたカズキは、その申し出を快く承諾した。自分が思いを寄せているアイナとの関係を、少しでも縮めたいと考えた為だ。そんなカズキの淡い思いは、アイナの臭い攻撃を織り交ぜた窒息攻撃で、徹底的に砕かれていく・・・【登場人物】カズキ:アイナの同級生。天真爛漫なアイナに惹かれ、密かに思いを寄せている。元プロレス部員で格闘技経験はあるものの、運動神経が悪く、長くは続かなかった。今回アイナの誘いでBeat!に登録し、打撃禁止・失神KOマッチ3本勝負で、アイナと対戦する事になった。アイナ(特別出演):格闘好きの女の子。以前から「Beat!」が気になっていたが、初戦から知らない相手と戦うのが嫌であった為、登録に踏み切っていなかった。自分に思いを寄せている同級生のカズキが元プロレス部員である事を知り、カズキと一緒に登録した。格闘スタイルは、絞め技・関節技、それに自身の巨乳やお尻を活かした窒息技を得意としている。その技の大半は、弟のユウキを実験台にして習得している。また自身の「臭い」を相手に無理やり嗅がせる事に興奮を覚える。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・SPECIAL THANKS!!!仮名居様・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat!ぷらす -柊ゆうなvsリエ-

Girls Beat!ぷらす -柊ゆうなvsリエ-

巨乳●●格闘家 柊ゆうなが、ファンの女の子にボコボコにされる悲劇!【概要】「Beat!」で初のキャットファイトが行われる事となった。今回は独自AI技術によるマッチングではなく、リエが運営側を説得して実現した。柊ゆうなも格闘技界の裾野を広げる為、またファンサービスの一環として、試合を受ける事にした。柊ゆうなはファンに怪我をさせないようにと、リエを気遣う・・・しかし、そのファンへの優しさが仇となり、柊ゆうなは地獄を見ることになる・・・【登場人物】柊ゆうな(特別出演):自分のファンであるというリエから、Beat!での対戦を申し込まれる。当初は断るものの、リエの熱心なアプローチに屈し、ファンサービスの一環として試合を受ける事にする。ファイトスタイルは、妹とは対照的で、性格的に打撃を苦手としている為、主に密着系の寝技を好んで使用する。リエ:柊ゆうなの大ファンで、彼女の試合は全てチェックしている。柊ゆうなが試合でリンチされている光景を、生で見たことで、いつか自分も柊ゆうなをリンチしたいと思うようになった。陸上部で鍛えた強靭な脚を使った攻撃を得意としており、特にローキックには定評がある。最近は他の女子陸上部員の奴●となった複数の人間サンドバッグを練習相手に、絞め技や関節技の習得に励んでいる。臭い責めを得意とするが、柊ゆうなに嫌われたくない為、今回は封印している。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・SPECIAL THANKS!!!ほのるる様・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vsマリ-

Girls Beat! -vsマリ-

*本編には一部過激なスカトロ描写が含まれています*【概要】マリが対戦部屋で待機していると、道場の先輩であったタツヤが怒りに任せて対戦部屋へ入ってきた。南辰流古武術の使い手である事を「Beat!」で公言しているマリを、タツヤは許せないのだ。何の策もなく、飛びかかってくるタツヤを、マリの大蛇のような太ももが迎え撃つ・・・【登場人物】タツヤ:南辰流古武術の使い手。見た目はチャラいが、幼少期から稽古に励んでおり、格闘家としても一定の知名度がある。一方で打撃一辺倒な部分があり、南辰流古武術の特殊な絞め技・関節技を体得できていない。マリ:南辰流古武術道場の元門下生で、タツヤの2学年下の後輩。南辰流古武術の絞め技や関節技を完璧に体得しており、打撃攻撃は得意ではないものの、それが弱点にならない程の実力を持っている天才少女。南辰流古武術を脱退し、腕試しで「Beat!」に参加している。脚を使った絞め技を非常に得意としており、南辰流古武術の絞め技を始め、総合格闘技やプロレスなどで使用される技も体得している。見かけによらず、とても好戦的な性格で、自分に敗北した者を便器にして辱める癖がある。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat!ぷらす アユvsユウカ

Girls Beat!ぷらす アユvsユウカ

生意気なメス●●をぶっ潰せ!!!*2021/1/12より、Ci-enにて毎週火曜日 先行定期連載を行っています*【概要】●●っ娘プロレスラーのアユと、ヒールレスラーのユウカ、女子プロレス団体「タナトス」の所属メンバー同士でキャットファイトが行われる事になった。アユは意気込んで先輩レスラーのユウカに挑むが・・・【登場人物】アユ:学業の傍ら、プロレス団体にも所属している●●っ娘プロレスラー。小柄な身体を活かした素早い動きと、大人顔負けの下半身の強さで多くの勝ち星を上げている。同世代の他選手・生徒に試合でも喧嘩でも負けた事はなく、特に異性との戦いの場合、相手を「壊す」まで攻撃の手を緩めない。ユウカ:女子プロレス団体「タナトス」に所属するヒールレスラー。清楚な外見とは裏腹に、急所攻撃や反則攻撃を好んで使う。新体操がベースにあり、柔軟性に優れ、あらゆる体勢から攻撃を仕掛ける事が出来るオールラウンダーである。またお尻が非常にもっちりとしており、相手の顔面を自分の尻にギチギチに食い込ませ、窒息させる。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vsカエラ&ナナ-

Girls Beat! -vsカエラ&ナナ-

年下の女子2人からの拷問に耐えられるか!?【概要】「Beat!」の全貌を把握する為、ユウジは「タナトス」が所有するサーバールームに侵入を試みるも、カエラとナナに捕まってしまう。アメと鞭を巧みに操る、カエラとナナの拷問から、逃げ出すことは出来るのか・・・【登場人物】ユウジ:国家安全保安省 特殊犯罪対策課に所属する隊員。黒い噂の絶えない「Beat!」の調査を行う為、サーバールームに潜入し、機密データの取得に成功した直後、カエラとナナに捕獲されてしまう・・・カエラ(表紙絵・右):女子プロレス団体「タナトス」で訓練を受けた拷問官。男顔負けのパワーファイターで、力で相手を捻じ伏せる事を得意とする。脚力・腕力、どちらも優れている為、打撃で相手を弱らせた後、太股で絞め上げながら、首吊りの要領で相手を持ち上げ、甚振るのがお決まりのコースになっている。ナナ(表紙絵・左):女子プロレス団体「タナトス」で訓練を受けた拷問官。カエラとは対象的に、格闘よりも性技によって相手を屈服させる事を得意とする。フェラチオや乳首責め等、舌を使った技を得意とし、男を一気に破滅させる。また自分の舌技を再現した「オナホガン」を好んで使用する。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! vs カホ

Girls Beat! vs カホ

地獄の添い寝プロレスに耐えれるか・・・【概要】自分の実力を信じて、Beat!に登録した「お兄ちゃん」だったが、その実力を認めないカホに妨害されてしまう。カホから繰り出される残忍で、屈辱的な技を耐え抜き、この地獄の添い寝から抜け出す事が出来るのか・・・【登場人物】「お兄ちゃん」:カホとの血縁関係はないが、カホにお兄ちゃんと慕われている。格闘で強くなりたいという意志はあるが、どれも中途半端で実力は冴えない。今回「Beat!」への登録に成功するも、カホにその行く手を阻まれてしまう。カホ:女子学生プロレスラー。プロレスの実力は中堅で、強くもなければ弱くもないといった所。世話好きな面があり、積極的に相手に干渉しようとする。寝付きの悪い「お兄ちゃん」をサポートした事がきっかけで、お兄ちゃんを虐める事に目覚めてしまった。自分の実力を解っていない「お兄ちゃん」がBeat!へ参戦したので、それを阻止する為、「お兄ちゃん」との対戦を決意する。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ*こちらの作品をご覧頂けるとより楽しんで頂けると思います*爆睡!添い寝プロレス: 【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! ぷらす -ユウカvsアユ&ラミア

Girls Beat! ぷらす -ユウカvsアユ&ラミア

*2021/2/23より、Ci-enにて毎週火曜日 先行定期連載を行っています*【概要】以前、ヒールレスラーのユウカに敗北した、●●っ娘プロレスラーのアユ。彼女はずっと復讐の機会を探っていた。そして、モンスター娘レスラーのラミアと組み、ユウカを破壊する計画を共に練り上げる。今宵、その計画が実行に移される・・・【登場人物】ユウカ:女子プロレス団体「タナトス」に所属するヒールレスラー。清楚な外見とは裏腹に、急所攻撃や反則攻撃を好んで使う。新体操がベースにあり、柔軟性に優れ、あらゆる体勢から攻撃を仕掛ける事が出来るオールラウンダーである。またお尻が非常にもっちりとしており、相手の顔面を自分の尻にギチギチに食い込ませ、窒息させる。アユ:学業の傍ら、プロレス団体にも所属している●●っ娘プロレスラー。小柄な身体を活かした素早い動きと、大人顔負けの下半身の強さで多くの勝ち星を上げている。同世代の他選手・生徒に試合でも喧嘩でも負けた事はなく、特に異性との戦いの場合、相手を「壊す」まで攻撃の手を緩めない。ラミア:上半身は人間、下半身は蛇の姿を持つ女性。普段は人間の姿をして、人間社会に潜伏している。全身で相手に巻き付いて絞め上げる事は勿論、人間の腕を使った絞め技(スリーパーホールド等)を得意とする。他にも重い体重を乗せたパンチや、体内で生成した特殊な毒で相手を甚振る事を好む。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! vs マイ

Girls Beat! vs マイ

童貞殺しのM格闘リンチ!!!【概要】童貞を卒業できないと、人間便器としての強●労働が待っている短小童貞のセンパイに、恋愛アプリの紹介メールが届く。藁をも掴む思いで登録するも、それは「Beat!」への登録だった。後輩のマイが作った偽メールに騙されたセンパイの運命は・・・【登場人物】センパイ:童貞を卒業できないと、人間便器としての強●労働が待っている短小童貞。素直で馬鹿正直である為、あらゆる所で損をしている。運動神経も全く無く、後輩女子のサンドバッグに成り下がっている。マイ(特別出演):生粋のドS格闘系女子。打撃よりも絞め技や関節技などの寝技を好んで使う。「センパイ」をサンドバッグとしか見ておらず、技の実験台などに使用している。また脱童貞を餌に、センパイを陥れる事が大好きで、身体的・社会的にセンパイを追い込む。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・SPECIAL THANKS!!!ブルレモン様・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat!ぷらす -vsリエ-

Girls Beat!ぷらす -vsリエ-

足臭陸上女子の臭い責めバトルファック!!!【概要】リエに敗北した事で、女子陸上部のサンドバッグになってしまったサイトウ。女子陸上部のサンドバッグを辞める為、Beat!に新設されたバトルファックルールで、リエに再戦を申し込む・・・【登場人物】サイトウ:リエと同級生の●●●。典型的なヤンキーで喧嘩っ早い一面を持つ。しかし、格闘技経験があるわけでもなく、また喧嘩もさほど強いわけではない為、「Beat!」内でのレベルは低い。リエに敗北して以来、女子陸上部のサンドバッグとして扱われている。リエ:女子陸上部に所属しているサイトウと同級生の女の子。他の女子陸上部員の紹介で「Beat!」に参加するようになった。陸上部で鍛えた強靭な脚を使った攻撃を得意としており、特にローキックには定評がある。最近は他の女子陸上部員と共に、自分に敗北したサイトウをサンドバッグにして遊んでいる。余談であるが、練習後の彼女の足の臭いは、女子陸上部員の中で一番臭いと言われている。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -vsキョン-

Girls Beat! -vsキョン-

武闘派踏み活女子と真剣勝負!!!【概要】武闘派踏み活女子と対戦する事になったカズヤ。対戦相手のキョンは、格闘技経験がないと聞き、素人相手のキョンにハンデをあげるも・・・【登場人物】カズヤ:北辰流古武術の使い手。Beat!の存在を知り、自身の修行のため登録を決意した。キョン:20歳/154cm46kg/M男を虐めるのが大好きな女子。格闘経験はないものの、陸上部・水泳部に所属していた為、男顔負けの運動神経の高さを持っている。普段SNSでM男を募集して、様々なプレイを行っている為、M格闘も非常に得意としている。胴締めスリーパーや首4の字など、基本的なプロレス技は勿論、高角度ニードロップなど、アクロバティックな技も難なくこなす。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・Special Thanks!!! キョンさん・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat ぷらす リエvsシズク&ミア

Girls Beat ぷらす リエvsシズク&ミア

陸上女子をチアリーダー2人で激臭リンチ!!!【概要】リエが試合場に入ると、シズクとミアが2人で待ち構えていた。シズクとミアに、奇襲的にハンディキャップマッチを仕掛けられたリエの運命は・・・【登場人物】リエ:女子陸上部に所属しているサイトウと同級生の女の子。他の女子陸上部員の紹介で「Beat!」に参加するようになった。陸上部で鍛えた強靭な脚を使った攻撃を得意としており、特にローキックには定評がある。余談であるが、練習後の彼女の足の臭いは、女子陸上部員の中で一番臭いと言われている。シズク&ミア:「Cheers Beat! 」というハンディキャップマッチ専門の動画配信を行っている人気グループ。以前は、チアリーディングのダンスやテクニックを配信しているに過ぎなかったが、学園内でのチアリーディング風景を盗撮していた男を、成敗した際の動画が一躍人気となり、それ以降「Beat!」の技術的・経済的支援を受け、ミックスファイト専門の動画チャンネルに成長した。常に2vs1のハンディキャップマッチしか行わない上、2人とも高い運動神経を有するため、チャンネル開設以来無敗である。チアリーダー特有の動きを用いた攻撃や、高い連携プレイを駆使して、相手を追い詰める。臭い責めを得意とするリエを良く思っておらず、今回リエを血祭りにあげる事にした。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! Starter Kit

Girls Beat! Starter Kit

【Girls Beat!】を始めよう!女の子が●●●を格闘技でボコボコにする・・・女の子同士で潰し合う・・・Girls Beat! 6作品のお得パックです。--------この作品は・Girls Beat!ぷらす -柊ゆうなvsリエ- RJ310545・Girls Beat! -vsアユ- RJ269984・Girls Beat! -vs柊ゆうな- RJ288473・Girls Beat! -vs柊みう- RJ297229・Girls Beat! -vs柊ゆうな&柊みう- RJ307530・Girls Beat! -vsアイナ- RJ310534上記作品のパック販売商品です。6作品と内容が重複しています。--------

Girls Beat! vsアカネ

Girls Beat! vsアカネ

女子プロレスラーによる、恐怖の寝技地獄!!!【概要】異種格闘技戦を通じて、自身を強くする事に決めたユウトは、中堅学生女子プロレスラーのアカネと対戦する事になる。ユウトは、ボクサーとして「Beat!」に参加する以上、ボクシングの試合と同様に、ミニマム級の体重までの減量を自身に課した。自分より体重の重い中堅の女子プロレスラーに、ユウトは勝つことが出来るのか・・・【登場人物】ユウト:ボクシングミニマム級(47.627kg以下)の地区予選優勝の実力を持つ。異種格闘技戦を通して、自身を更に強くする為に「Beat!」への参加を決意する。ボクサーである事の自負が強く、階級が存在しない「Beat!」においても、自身の階級における体重を維持して戦う傾向にある。実力者ではあるが、奥手で女性格闘家との対戦を苦手としている。アカネ:中堅の女子学生プロレスラー。打撃から寝技までバランス良くこなす、オールラウンダー。プロレスの受けの美学を大切にしており、相手の得意とする攻撃は、進んで自分から受けに行くため、非常に打たれ強い身体をしている。劣勢の状態から逆転して相手を叩きのめす事を好む傾向にあり、自身が相手の技を受けきった後は、相手の選手生命を奪うほどの、過激な技を使用するサディスティックな一面を持つ。*こちらの作品をご覧頂くと、より楽しんで頂けると思います。もし女子プロレス部のマネージャーが、M男にされたら【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat!ぷらす -アイリvsマミ-

Girls Beat!ぷらす -アイリvsマミ-

踏み活女子を無慈悲に制裁♪*2021/5/30より、Ci-enにて先行定期連載を行っていた作品です。【概要】高額なファイトマネーを提示されたアイリは、マミとの対戦を承諾する。百戦錬磨のマミに対して、アイリは一矢報いる事が出来るのか・・・【登場人物】アイリ:水泳部に所属する現役●●。学業の傍ら、アルバイト感覚でM男イジメを行っている。身体能力が非常に高く、格闘技経験のある男性でも力負けする事がある。一緒にM男ボコりを行っている友人から格闘技を習っており、絞め技・関節技も一通りこなす実力を持つ。水泳で全身が鍛えられている中、特に脚力が人一倍強い為、三角絞めや首4の字固めを非常に好んで使う。マミ:武闘派ギャルで生粋のサディストで拷問好き。対戦相手の性別に関係なく、性器破壊を始めとする、拷問技を好んで使う。彼女の拷問を受けて選手生命を絶たれた者や、奴●・サンドバッグにされた者が、数多くおり、そういった奴●達を練習台にし、日々拷問技を磨いている。グレープ味のスティックキャンディーが好きで、対戦中にも舐めている事が多く、時折それを武器や拷問器具としても使用する。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! vsモエ

Girls Beat! vsモエ

年下の女の子に、打撃で徹底的に顔面破壊される恐怖!!!【概要】異種格闘技戦を通じて、自身を強くする事に決めたユウトは、若年女子プロレスラーのモエと対戦する事になる。ユウトは、ボクサーとして「Beat!」に参加する以上、ボクシングの試合と同様に、ミニマム級の体重までの減量を自身に課した。対戦相手のモエは、ユウトが得意とする打撃戦で主に戦う事を宣言する。自身の得意なフィールドで、ユウトは実力を発揮する事が出来るのか・・・【登場人物】ユウト:ボクシングミニマム級(47.627kg以下)の地区予選優勝の実力を持つ。異種格闘技戦を通して、自身を更に強くする為に「Beat!」への参加を決意する。ボクサーである事の自負が強く、階級が存在しない「Beat!」においても、自身の階級における体重を維持して戦う傾向にある。実力者ではあるが、奥手で女性格闘家との対戦を苦手としている。モエ:若年の女子学生プロレスラー。見かけによらずパワーファイターであり、打撃戦を非常に得意とする。対戦時には、打撃で相手の顔面を徹底的に破壊して戦意を削いだ後、じっくりと嫐るように絞め技や関節技で相手を追い込んでいく。また巨大な尻を活かしたヒッププレスを好んで使い、彼女のヒッププレスがトラウマとなり、選手生命を絶たれた者も多い。*こちらの作品をご覧頂くと、より楽しんで頂けると思います。もし女子プロレス部のマネージャーが、M男にされたら裏女子プロレス部の秘密調教【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat!ぷらす vsミズキ

Girls Beat!ぷらす vsミズキ

年上のOLお姉さんとバトルファックで勝負!!!*2021/7/9より、Ci-enにて先行定期連載を行っていた作品です。【概要】以前ミズキに敗北したコウタは、自身のトラウマ克服の為、あえてバトルファックルールで、ミズキにリベンジマッチを申し込んだ。コウタの再戦の申し出を嬉々として受け入れたミズキ。「蛇女」と呼ばれる彼女の猛攻から、コウタは無事生還する事が出来るのか・・・【登場人物】コウタ:Beat!に所属する最年少クラスのレスラー。まだ格闘技を始めて1年程度であるが、運動神経が良く、飲み込みも早い為、期待されている。以前、ミズキに敗北した為、今回はバトルファックルールで、ミズキに再戦を申し込んだ。ミズキ(表紙左):大手上場企業に務めるエリートOL。学生時代にレスリング、社会人になってからは、総合格闘技を習っている。脚を使った寝技を非常に好んでいる為、Beat!内では「蛇女」という別名が付いている。年下の●●●を甚振るのが好きで、今回のコウタからのオファーも快く承諾した。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ*こちらの作品をご覧頂けるとより楽しんで頂けると思います*Girls Beat! vsミズキ&マナ:【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! vsサキ

Girls Beat! vsサキ

重量級の女の子に、徹底的に窒息させられる恐怖!!!【概要】異種格闘技戦を通じて、自身を強くする事に決めたユウトは、若年女子プロレスラーのサキと対戦する事になる。ユウトは、ボクサーとして「Beat!」に参加する以上、ボクシングの試合と同様に、ミニマム級の体重までの減量を自身に課した。しかし、対戦相手のサキは、重量級のレスラーである為、体格差でユウトはかなり不利な立場に立たされる。ユウトはスピード勝負の賭けに出るが、サキの豊満な胸と太ももが、ユウトの全身に絡みつく・・・【登場人物】ユウト:ボクシングミニマム級(47.627kg以下)の地区予選優勝の実力を持つ。異種格闘技戦を通して、自身を更に強くする為に「Beat!」への参加を決意する。ボクサーである事の自負が強く、階級が存在しない「Beat!」においても、自身の階級における体重を維持して戦う傾向にある。実力者ではあるが、奥手で女性格闘家との対戦を苦手としている。サキ:女子学生プロレスラーで、同プロレス部の部長。男子顔負けの体格、パワーの持ち主であり、女子学生プロレストップの実力を誇る。対戦時には、寝技で相手を押し倒し、その巨乳を活かしたブレストスムーザーや、太もも絞めで相手を窒息・失神させる事が多く、サキのブレストスムーザーは、別名’死の抱擁’と言われ恐れられている。サディスティックな性格で、相手がギブアップをしても、それを聞き入れず、自分が満足するまで相手を破壊する。*こちらの作品をご覧頂くと、より楽しんで頂けると思います。もし女子プロレス部のマネージャーが、M男にされたら【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様( )・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors( )

Girls Beat! ぷらす マミvsカエラ&ナナ

Girls Beat! ぷらす マミvsカエラ&ナナ

調子に乗ってる武闘派ギャルを処刑しよう♪*2021/8/10より、Ci-enにて先行定期連載を行っていた作品です。*徹底した顔面への攻撃や、恥垢を食べさせるシーンがある等、かなりリョナ要素が高い作品となっておりますので、苦手な方はご注意下さい。【概要】「Beat!」内において、武闘派ギャルのマミは、許可なく対戦相手と試合をしたり、選手を破壊する行為などを繰り返していた。Beat本部もマミの行動は目に余るとして、カエラ・ナナ2人の拷問官をマミに差し向ける。拷問官の2人は、身体の自由を奪う弛緩剤や、自身の筋肉量を倍増する新薬などを駆使して、徹底的にマミを拷問する・・・この2人の強烈な拷問から、マミは生還する事が出来るのか・・・【登場人物】マミ:武闘派ギャルで生粋のサディストで拷問好き。対戦相手の性別に関係なく、性器破壊を始めとする、拷問技を好んで使う。彼女の拷問を受けて選手生命を絶たれた者や、奴●・サンドバッグにされた者が、数多くおり、そういった奴●達を練習台にし、日々拷問技を磨いている。グレープ味のスティックキャンディーが好きで、対戦中にも舐めている事が多く、時折それを武器や拷問器具としても使用する。昨今ではBeat!内で許可なく対戦を組んだり、ルールを無視して相手選手を壊す等、Beat!での荒らし行為が問題となり、拷問官に目を付けられる事になった。カエラ:女子プロレス団体「タナトス」で訓練を受けた拷問官。男顔負けのパワーファイターで、力で相手を捻じ伏せる事を得意とする。脚力・腕力、どちらも優れている為、打撃で相手を弱らせた後、太股で絞め上げながら、首吊りの要領で相手を持ち上げ、甚振るのがお決まりのコースになっている。今回は新薬を使って、ナナと共に太ももの筋肉量を数倍にさせ、マミを圧倒的な力で絞め上げる。ナナ:女子プロレス団体「タナトス」で訓練を受けた拷問官。カエラとは対象的に、格闘よりも性技によって相手を屈服させる事を得意とするが、格闘については打撃・寝技とオールラウンダーで一通りをこなす事が出来る。今回のマミへの拷問については、自分の恥垢をたっぷりと付けたスティックキャンディーを、無理やりマミに食べさせる。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ*こちらの作品をご覧頂けるとより楽しんで頂けると思います*Girls Beat! -vsカエラ&ナナ-:Girls Beat! vsマミ:Girls Beat!ぷらす -アイリvsマミ-:【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! vsライラ

Girls Beat! vsライラ

ビリビリ!感電系M格闘!!!【概要】「異種」格闘技戦を戦うことになったカズヤ。今回の相手は、鬼のモンスター娘「ライラ」だった。ライラの電気と格闘技を組み合わせた攻撃や、電気手コキや電気足コキでカズヤは追い込まれていく・・・【登場人物】カズヤ:北辰流古武術の使い手。Beat!の存在を知り、自身の修行のため登録を決意した。最近は、自身が所属する流派の知名度向上の為、「異種」格闘ルールの対戦試合によく出場する。ライラ:電気を司る鬼のモンスター娘。自分の体内の電気を自在に操り、身体能力を向上させたり、相手を感電させたりする事が出来る。寝技で相手と密着状態になり、技を掛けながら相手を感電させて甚振る事が多い。相手が自分好みの異性の場合、自分の唾液を相手に塗り込み、通電性をアップさせての手コキや、足コキ、乳首責めなど、快楽責めで相手を追い込む。「金棒」型のペニスバンドを保有しており、その金棒に電気を流した状態で拷問することもある。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! -Cerberus Girls-

Girls Beat! -Cerberus Girls-

Girls Beat!の3人娘、ケルベロスガールズ!*Girls Beat! 3作品のパックです*【概要】異種格闘技戦を通じて、自身を強くする事に決めたユウト。ボクサーとして「Beat!」に参加する以上、ボクシングの試合と同様に、ミニマム級の体重までの減量を自身に課し、3人の女子プロレスラー(ケルベロス・ガールズ)に立ち向かう・・・【登場人物】ユウト:ボクシングミニマム級(47.627kg以下)の地区予選優勝の実力を持つ。異種格闘技戦を通して、自身を更に強くする為に「Beat!」への参加を決意する。ボクサーである事の自負が強く、階級が存在しない「Beat!」においても、自身の階級における体重を維持して戦う傾向にある。実力者ではあるが、奥手で女性格闘家との対戦を苦手としている。アカネ:中堅の女子学生プロレスラー。打撃から寝技までバランス良くこなす、オールラウンダー。プロレスの受けの美学を大切にしており、相手の得意とする攻撃は、進んで自分から受けに行くため、非常に打たれ強い身体をしている。劣勢の状態から逆転して相手を叩きのめす事を好む傾向にあり、自身が相手の技を受けきった後は、相手の選手生命を奪うほどの、過激な技を使用するサディスティックな一面を持つ。モエ:若年の女子学生プロレスラー。見かけによらずパワーファイターであり、打撃戦を非常に得意とする。対戦時には、打撃で相手の顔面を徹底的に破壊して戦意を削いだ後、じっくりと嫐るように絞め技や関節技で相手を追い込んでいく。また巨大な尻を活かしたヒッププレスを好んで使い、彼女のヒッププレスがトラウマとなり、選手生命を絶たれた者も多い。サキ:女子学生プロレスラーで、同プロレス部の部長。男子顔負けの体格、パワーの持ち主であり、女子学生プロレストップの実力を誇る。対戦時には、寝技で相手を押し倒し、その巨乳を活かしたブレストスムーザーや、太もも絞めで相手を窒息・失神させる事が多く、サキのブレストスムーザーは、別名’死の抱擁’と言われ恐れられている。サディスティックな性格で、相手がギブアップをしても、それを聞き入れず、自分が満足するまで相手を破壊する。--------この作品は下記作品のパック販売商品です。Girls Beat! vsアカネGirls Beat! vsモエGirls Beat! vsサキ 3作品と内容が重複しています。--------*こちらの作品をご覧頂くと、より楽しんで頂けると思います。もし女子プロレス部のマネージャーが、M男にされたら

Girls Beat! ぷらす vsマリ

Girls Beat! ぷらす vsマリ

激臭!スカトロバトルファック!!!*本編には一部過激なスカトロ描写が含まれています*【概要】コウタはバトルファックルールで、マリに試合を申し込んだ。試合を承諾したマリは、コウタとの試合を存分に楽しむため、一ヶ月間熟成した激臭靴下や、毎晩1人エッチに使用したパンツを用意する。そして試合当日、彼女はとっておきの「料理」をコウタに食べさせる為、徹底的にコウタを嫐る・・・コウタの運命は・・・【登場人物】コウタ:Beat!に所属する最年少クラスのレスラー。まだ格闘技を始めて1年程度であるが、運動神経が良く、飲み込みも早い為、期待されている。今回はバトルファックルールで、マリに対戦を申し込む。マリ:南辰流古武術道場の元門下生。南辰流古武術の絞め技や関節技を完璧に体得しており、打撃攻撃は得意ではないものの、それが弱点にならない程の実力を持っている天才少女。南辰流古武術を脱退し、腕試しで「Beat!」に参加している。脚を使った絞め技を非常に得意としており、南辰流古武術の絞め技を始め、総合格闘技やプロレスなどで使用される技も体得している。見かけによらず、とても好戦的な性格で、自分に敗北した者を便器にして辱める癖がある。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! vsアミ

Girls Beat! vsアミ

武闘派キャバ嬢によるムッチリ太もも拷問調教!!!【概要】武闘派キャバ嬢と3本勝負の失神KOマッチで、対戦する事になったカズヤ。格闘技経験の長い自分が有利だと、油断したカズヤに、ギャル系キャバ嬢の太ももが絡みつく・・・【登場人物】カズヤ:北辰流古武術の使い手。Beat!の存在を知り、自身の修行のため登録を決意した。アミ:武闘派系のキャバクラ嬢。普段はキャバクラで働いているが、小遣い稼ぎにM男ボコりを行っている。昔から運動神経が高く、体系的に格闘技を習った事はないが、同性同士の殴り合いの喧嘩では負けた事はなく、更にM男ボコりを通じて、様々な技を習得している。脚の力が異様に強いことを本人も自覚しており、太ももを使った打撃や絞め技を好んで使用する。相手の背中の上に乗り、キャメルクラッチを脚で掛ける事が出来る柔軟性もある。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・Special Thanks!!! アミさん・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! ぷらす アユvsリエ

Girls Beat! ぷらす アユvsリエ

臭い責め格闘術で、生意気●●っ娘レスラーを徹底教育!!!【概要】●●っ娘プロレスラーのアユと、女子陸上部に所属するリエの試合が組まれた。ランキング上位に位置する優勢のアユに、リエの「臭い責め格闘術」が襲いかかる・・・【登場人物】アユ:学業の傍ら、プロレス団体にも所属している●●っ娘プロレスラー。小柄な身体を活かした素早い動きと、大人顔負けの下半身の強さで多くの勝ち星を上げている。同世代の他選手・生徒に試合でも喧嘩でも負けた事はなく、特に異性との戦いの場合、相手を「壊す」まで攻撃の手を緩めない。リエ:陸上部に所属している現役女子部員。他の女子陸上部員の紹介で「Beat!」に参加するようになった。陸上部で鍛えた強靭な脚を使った攻撃を得意としており、特にローキックには定評がある。女子陸上部員の中で一番臭いと言われており、最近は臭い責めと絞め技を組み合わせた「臭い責め格闘術」で、対戦相手を拷問する事が多い。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。最近では、女性同士の対戦も出来るようシステムがアップデートされた。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors

Girls Beat! vsナツミ

Girls Beat! vsナツミ

格闘嬢とハンディキャップマッチ!!!果たして勝つのは・・・【概要】タツヤは「Beat!」内でのランクを一刻も早く上げたい為、自身が得意とする打撃禁止の、ハンディキャップルールで、寝技を得意とするナツキに戦いを挑む。打撃格闘家のタツヤに、ナツキの寝技の数々が襲いかかる・・・【登場人物】タツヤ:南辰流古武術の使い手。見た目はチャラいが、幼少期から稽古に励んでおり、格闘家としても一定の知名度がある。一方で打撃一辺倒な部分があり、南辰流古武術の特殊な絞め技・関節技を体得できていない。今回寝技勝負を行う事で、自身の寝技技術を高めると共に、勝利して早く上のランクに行きたいと目論んでいる。ナツミ:格闘技プレイが出来るお店で働いている格闘嬢。本格的な格闘技経験はないが、「格闘プレイ」を通じて、格闘技を習得している。当初は、友人の誘いでダイエット目的で通い始めたが、今では異性を力で屈服させる事に楽しさを見出し始めている。自分では「格闘技の素人」と卑下しているが、持ち前の運動神経の良さで、Beat!内でも少しずつ勝ち星を積み上げている。寝技全般を得意としており、絞め技、関節技、圧迫技などを多用する。また普段「格闘プレイ」で、要求される変則的な技も多く習得しており、絞め技と関節技の融合技などを得意としている。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・Special Thanks!!!ばいおーぶ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors