当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

愛する息子に夜這いされた夜 第3話

愛する息子に夜這いされた夜 第3話...1
愛する息子に夜這いされた夜 第3話...2
愛する息子に夜這いされた夜 第3話...3
愛する息子に夜這いされた夜 第3話...1
愛する息子に夜這いされた夜 第3話...2
愛する息子に夜這いされた夜 第3話...3
とある母子家庭で幸せに暮らしている、母親と一人息子。



一つの出来事がきっかけで、母親の純粋な息子への愛の中に、肉欲が芽生えはじめる。



次第に自制心を失い、息子への誘惑をはじめた母親。



そんな母親の誘惑によって、息子は自らの若い性欲を抑えられなくなり・・・・・。





夜這いによって、母と息子が一つに結ばれる話です。



激しくお互いの体を舐め合い、ぶつけ合い、求めあい、愛し合う母と息子。





母親の語り口調で書いています。




全6話です。


本編は第3話。


露出度の高い服に、胸元の強調。


あからさまに自分を誘惑する母親によって、性欲を抑えきれなくなった息子は、ついに母親の寝室へ夜這いに向かいます・・・。



文字数は1600字程度です。


関連同人作品

愛する息子に夜這いされた夜 第2話

愛する息子に夜這いされた夜 第2話

とある母子家庭で幸せに暮らしている、母親と一人息子。一つの出来事がきっかけで、母親の純粋な息子への愛の中に、肉欲が芽生えはじめる。次第に自制心を失い、息子への誘惑をはじめた母親。そんな母親の誘惑によって、息子は自らの若い性欲を抑えられなくなり・・・・・。夜這いによって、母と息子が一つに結ばれる話です。激しくお互いの体を舐め合い、ぶつけ合い、求めあい、愛し合う母と息子。母親の語り口調で書いています。全6話です。本編は第2話。母親が罪な好奇心を抑えることが出来ず、息子の部屋に忍び込んで・・・。文字数は3600字程度です。

愛する息子に夜這いされた夜 第1話

愛する息子に夜這いされた夜 第1話

とある母子家庭で幸せに暮らしている、母親と一人息子。一つの出来事がきっかけで、母親の純粋な息子への愛の中に、肉欲が芽生えはじめる。次第に自制心を失い、息子への誘惑をはじめた母親。そんな母親の誘惑によって、息子は自らの若い性欲を抑えられなくなり・・・・・。夜這いによって、母と息子が一つに結ばれる話です。激しくお互いの体を舐め合い、ぶつけ合い、求めあい、愛し合う母と息子。母親の語り口調で書いています。全6話です。本編は第1話。~息子と母親の間に衝撃的な出来事が起こるまで~文字数は2700字程度です。

愛する息子に夜這いされた夜 第4話

愛する息子に夜這いされた夜 第4話

とある母子家庭で幸せに暮らしている、母親と一人息子。一つの出来事がきっかけで、母親の純粋な息子への愛の中に、肉欲が芽生えはじめる。次第に自制心を失い、息子への誘惑をはじめた母親。そんな母親の誘惑によって、息子は自らの若い性欲を抑えられなくなり・・・・・。夜這いによって、母と息子が一つに結ばれる話です。激しくお互いの体を舐め合い、ぶつけ合い、求めあい、愛し合う母と息子。母親の語り口調で書いています。全6話です。本編は第4話。寝室で裸になって抱きつく息子。目を覚ます母親。二人は、それまで心に秘めていたお互いの気持ちをありのままに伝えあった。’もう私達には隠すことも後ろめたいことも何もない。ただそこにあるのは、親子としての愛とひたむきな肉欲だけ。’文字数は2900字程度です。

愛する息子に夜這いされた夜 第6話

愛する息子に夜這いされた夜 第6話

とある母子家庭で幸せに暮らしている、母親と一人息子。一つの出来事がきっかけで、母親の純粋な息子への愛の中に、肉欲が芽生えはじめる。次第に自制心を失い、息子への誘惑をはじめた母親。そんな母親の誘惑によって、息子は自らの若い性欲を抑えられなくなり・・・・・。夜這いによって、母と息子が一つに結ばれる話です。激しくお互いの体を舐め合い、ぶつけ合い、求めあい、愛し合う母と息子。母親の語り口調で書いています。全6話です。本編は第6話。激しさを増す二人の熱いセックスはついにフィナーレの挿入へ。お互いに待ち望んでいた瞬間。息子の大きく成長したペ○スが、母親の膣に挿入されていく・・・。’心の奥の、一番深いところで、愛する息子と完全に一つになれる・・・・。’文字数は3200字程度です。

愛する息子に夜這いされた夜 第5話

愛する息子に夜這いされた夜 第5話

とある母子家庭で幸せに暮らしている、母親と一人息子。一つの出来事がきっかけで、母親の純粋な息子への愛の中に、肉欲が芽生えはじめる。次第に自制心を失い、息子への誘惑をはじめた母親。そんな母親の誘惑によって、息子は自らの若い性欲を抑えられなくなり・・・・・。夜這いによって、母と息子が一つに結ばれる話です。激しくお互いの体を舐め合い、ぶつけ合い、求めあい、愛し合う母と息子。母親の語り口調で書いています。全6話です。本編は第5話。夜這い・・・・。ついに母と息子は激しく体を交え合います。裸になってお互いをむさぼりあう二人。’とんでもない体勢になって、私と宏成は前戯をして愛を確かめ合っている。本当に信じられないような至福のひとときです。’文字数は4600字程度です。

母子筆下ろしの夜いじめられている巨根の息子に母の肉欲と愛情で自信を

母子筆下ろしの夜いじめられている巨根の息子に母の肉欲と愛情で自信を

’デカチンなことは良いことなのよ’息子に肉欲と愛情たっぷりの手ほどきをする母親いじめを克服すべく、自信をつける息子母子相姦小説文字数は3800字程度です

私の日課は息子とお風呂息子と二人っきりで汗だく汁だくセックス

私の日課は息子とお風呂息子と二人っきりで汗だく汁だくセックス

こんな行為が日課になっているなんて・・・・・息子と裸になって濃密に絡み合う風呂場罪深くも愛おしい母子の情事母子相姦小説文字数は5000字程度です。

息子と行った混浴温泉旅行たくましい巨根に成長した息子と夢中で汗だくセックス

息子と行った混浴温泉旅行たくましい巨根に成長した息子と夢中で汗だくセックス

一人息子を持つ未亡人の母が息子と混浴温泉旅行へ行くという内容を母目線で書きました。母子相姦小説

母に成長しきったデカチンを見られた息子その後激しすぎる母子相姦

母に成長しきったデカチンを見られた息子その後激しすぎる母子相姦

日々のオナニーで巨大に成長したペニスを持つ息子。邪魔なほどのイチモツをぶらつかせながら脱衣所で服を脱いでいると、母が・・・・・・・・その夜、寝室で繰り広げられる激しすぎる母子セックス!!!!!!!「ママだけずるいよ!!!」「これでおあいこでしょ・・・・・」

僕の裸を母に見られた日

僕の裸を母に見られた日

だけど、そのすっぽんぽん見られ事件以来・・・・・。母の様子が急変する。「タカくん・・・・・男の子の成長って素敵よねぇ」とか「やっぱり年頃の子って興味津々なのかしら」母に自らの成長した股間を見られ、風呂場で射精をする息子。ついに母に自室へ行ってもいいか問われ・・・。

母子たちみんなで温泉旅行 もちろんみんなで仲良く大乱交

母子たちみんなで温泉旅行 もちろんみんなで仲良く大乱交

気心知れた仲良しメンバーが計画した旅行メンバーの共通点は母親と性的関係にあることだった・・・・。そこが混浴温泉と知り、母親たちの裸が見れるという事実にメンバーたちのペニスはビィーーーンッ!!!ビンッ!!ビンッ!!ビンッ!!「あの子たち、私たちの裸見ておちんちん立てちゃってるわよ」短編の母子相姦小説文字数は1600字程度です

母子グループでプール 貸し切り状態の更衣室で大乱交へなだれ込む 息子のうちの一人目線で

母子グループでプール 貸し切り状態の更衣室で大乱交へなだれ込む 息子のうちの一人目線で

巨根の男子グループが母親グループと行った市民プール貸し切り状態の更衣室で大乱交もっこりみっちりのブリーフ型競泳水着!!!母親グループもボディラインくっきりの競泳水着!!!文字数2000字程度

母子で漂流してたどり着いた無人島 本能のままにSEXする日々

母子で漂流してたどり着いた無人島 本能のままにSEXする日々

食欲、睡眠欲・・・・・・・そして性欲。危機的状況の無人島で何とか生活していけるようになった母子たちに残されていたのは有り余る性欲だった。本能のままに体を委ね合い、交尾のようなSEX。アナルを開拓し、創意工夫しつつ時には一日中浜辺で互いの性器を舐め合う。肉欲の限りにSEX。《抜粋》ママがお相撲さんの四股を踏む時のような体勢で股を開き、あんぐり開けた僕の口の前にお尻を突き出す。僕の口の中に先ほど僕がママのお尻の穴に出した精液がポタッポタッっとこぼれ落ちる。「ズジュルルルブブブブッ・・・・ズジュルルルルルブブブッ」僕はデザートを口で受け取るだけでは飽き足らず、舐め食べる。ママのお尻の穴から出た脱腸部分も含め全部舐めすする。「ズジュブブブブッ・・・・・ズジュブブブブブブッッ」ママのお尻の穴の中まで見える。全部舐める。全部食べる。母子相姦小説6000字程度

義母と裸でラブラブセックス

義母と裸でラブラブセックス

義理の母の美奈子(みなこ)と物心ついたときから二人暮らしの明人(あきと)。ある日たくましくなった明人の裸を見てしまった美奈子が、性欲を抑えきれなくなり、明人を一緒にお風呂に誘う・・・・。「ただ底なしの快楽を求め合うだけの男と女がいた」短編の官能小説です。6000字程度です。

女医の里奈子さんとの初体験

女医の里奈子さんとの初体験

自らの大きなペニスに悩む優斗が、行きつけの病院を経営している女医の里奈子さんにセックスの手ほどきを受けます。「二人生まれたままの姿になって、お互いの性器を舐めあっている。こんな素晴らしい世界がこの世にあったなんて。」短編の官能小説です。7500字程度です。

再会した近所のおばさんが僕に教えてくれたセックス

再会した近所のおばさんが僕に教えてくれたセックス

小さい頃、よく僕をお風呂に入れてくれていた近所のおばさん。おばさんが引っ越してから久しぶりの再開。大きく成長した僕に驚いていた。僕は、おばさんと、久しぶりに一緒にお風呂に入ることになったんだ。すっぽんぽんになったおばさんと僕。おばさんは僕にエッチなことをいろいろ教えてくれた。おち○ちんを舐めたり、おっぱいを吸ったり。セックスってすごく気持ちいい。おばさん、こんなに気持ちいい世界を教えてくれて本当にありがとうっ!!短編のエッチな小説です。10ページ、5500字程度です。

ママや、友人のママ達と、みんなで乱交しました

ママや、友人のママ達と、みんなで乱交しました

久しぶりに友人たちと温泉に行った健太(けんた)は、友人たちの大きく成長したペニスに驚いた。友人たちにその理由を尋ねると、友人たちは、夜な夜な30代から40代の女の人達と乱交をしているらしく……。完結ではありません。途中までです。続編を書くつもりです。2200字程度です。

ママにおち○ちんで甘えたい

ママにおち○ちんで甘えたい

ママといった温泉旅行。誰もいない混浴の露天風呂でママのタオル姿に興奮しておち○ちんがおおきくなった僕。ママに見せたらママはうれしそうな顔をして・・・・。「そして、その夜、夜が明けるまで僕はママと体を重ね続け、何度もセックスをした。」短編の官能小説です。5000字程度です。

友人と参加した性欲の宴、熟女乱交サークル(後編)

友人と参加した性欲の宴、熟女乱交サークル(後編)

友里さんの家で、友里さん達と一緒に乱交し、初体験をした勇吾。セックスの喜びを知った勇吾は、次に行われる熟女乱交パーティーへの参加に胸を躍らせる。一方、勇吾のクラスの国語教師である矢崎先生も、熟女乱交サークルの参加者であるという事実が分かった。真面目を絵にかいたような矢崎先生が、乱交パーティーではかなり淫乱になるとのことだ。そしてついに乱交パーティーの日がやってきた。乱交に備えて入浴した時、既に勇吾の巨根はビンビンに立ちっぱなしだった。山のコテージに到着し、いよいよ乱交がスタート。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー周りを見れば、裸になった男女が狂ったようにあえぎ声を上げながら体をぶつけ合っている。俺はその女性と交わりながらも空いている手や口などを使って他の女性の性器や乳房、口、足などを自由に味わう。俺のペニスが空いたら、すかさず我先にとばかりに他の女性がしゃぶってくれた。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー官能小説です。後編です。5000字程度。9ページです。

友人と参加した性欲の宴、熟女乱交サークル(前編)

友人と参加した性欲の宴、熟女乱交サークル(前編)

俺の名前は勇吾(ゆうご)。最近、親友の智晴(ともはる)が最近部活を休みがちなんだ。その理由を問いただすと、智晴の口から信じられない言葉が。夜な夜な行われている、熟女と若い男性による乱交パーティーに参加しているというのだ。参加者の男性からは「熟女乱交サークル」と呼ばれており、テーマは「快楽の追求」。とにかく性欲に飢えた男女達がお互いの体を貪り合い、快楽をとことん追求する。酒池肉林のセックスパーティー。男性に10代が多いのも、10代は男性が最も性欲の盛んな時期で、熟女乱交サークルのテーマとあっているからだと言う。女性は30代から40代が性欲のピーク。互いに、セックスをしたくて仕方がない男女が、その有り余る性欲を思う存分発散するための場所となっているようだ。「もう気持ち良くて、快楽地獄で、やめられないんだ」と智晴。その乱交パーティーを想像した俺はもうたまらなくなって、俺も参加したいと告げる。快く承諾してくれた智晴。その夜、俺は一人で智晴に乱交サークルを紹介した相手である未亡人の友里さんの自宅へ向かった。友里さんの自宅には友里さんの他に2人の女性がいて・・・・・。官能小説です。前編と後編に分かれています。こちらは前編です。12ページ。6600字程度です。

ママと肉欲をぶつけ合うっ

ママと肉欲をぶつけ合うっ

BGM付きのゲーム風サウンドノベルです。体験版も用意しました。突然見てしまった母の裸に有り余る性欲を抑えられなくなった息子が、母を夜這いする話です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「ムムム、ムパァ、ムムゥ、ムパァ、レロレロォ」ママのおっぱいを、まるで赤ん坊の頃の俺のように吸っては舐めてを繰り返す。ママはそんな俺を、やさしい母親の目で、見てくれている。俺はママに、大人になってはじめて出来る甘え方をしている。子供のころには出来なかった甘え方。大人になって、出来る甘え方。セックスと言う甘え方。俺はこんなに大きくなって、大人になったんだよ、そうママに伝えるように、一心不乱に甘えた。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー息子と母がぶつけ合う肉欲。5400字程度です。CGは3枚(背景のCGも含めると6枚)です。

ピンクメトロが戻ってきた!!!!!!以前同人サークルとしてご好評をいただいておりましたピンクメトロがこの度満を持して復活いたしました!!!!!! ママとお風呂入りましょ

ピンクメトロが戻ってきた!!!!!!以前同人サークルとしてご好評をいただいておりましたピンクメトロがこの度満を持して復活いたしました!!!!!! ママとお風呂入りましょ

あまあま母子相姦や過激な大乱交小説などでご好評をいただいておりました同人サークルのピンクメトロが、戻ってまいりました!!!!!!’ママと肉欲をぶつけ合うっ’や、’ママにおちんちんで甘えたい’などの過去の作品も再販売しております!!是非これからもご愛顧のほどお願い申し上げます☆☆☆小説をつけております。’ママとお風呂入りましょ’

幼馴染とはじめてエッチしてから、俺達の行為はどんどん激しくなっていった デジタルノベルver.

幼馴染とはじめてエッチしてから、俺達の行為はどんどん激しくなっていった デジタルノベルver.

ゲーム風のビジュアル・サウンドノベルです。体験版も用意しました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〇さい頃から幼馴染の○校生の若い男女が、初体験で体を交え、セックスの快楽と喜びを知る。それから、回数を重ねるごとに、激しさを増し、エスカレートしていく二人の行為。快楽を求めるためにお互いの体を使って様々なプレイを実践していく二人。フェラチオ、パイズリ、シックスナイン、そしてお尻の穴を使ったアナルセックス。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「レロレロォ、レロォ、ムパムパンパッ、レロロレロ」エロさの極限のような濃厚でいやらしいキス。お互いの舌と唇をお互いで舐め合い。お互いの唾液を交換し合う。二人の愛を確かめ合うようにお互いの口を頬張りあう。熱く激しく。「レロレロ、ペロレロレロ、ンハァ、レロレロレロッ、ンッ、ペロレロ」「ンハァ、こ、浩太っ、ハァァァ、気持ちいいっ、レロレロレロッ」すでに優奈も俺も全裸。生まれたままの姿。俺はもうはち切れんばかりにビンビンになってヒクついているペニスを優奈に見せた。「優奈、俺のここ、もうこんなになっちゃってるんだ・・・」優奈はとても愛おしそうな表情を浮かべる。「おっきい・・・・・。男の人のここって、こんなになるんだ・・・。大きいけど、浩太のおち○ちんだもんね。なんだかすごく可愛い」そう言うと、優奈は俺のペニスを口に含んだ。「ジュブブブッ、ジュブブブッ」ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーマ○コに入れていた時とは異質の、物凄い快楽。そして何より、優奈のお尻の穴に自分のペニスを挿入しているという事実に興奮した。心と体の両方を使い、快楽を全身で感じる。普段、大便をするためにある優奈のアナル。お尻の穴。そこに出たり入ったりしている俺の男性器。すごい、凄すぎる。こんな物凄いセックスがあったのか・・・・。感動にすら似た気持ちが支配する。とてつもない快楽。「ズジュジュッ、パンッ、パンッ、ズブブブブブ、ジュルッ、ジュブブブブッ」ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー約16000字程度です。CGは7枚(景色のCGも含めると15枚)です。

ママの穴には魅力がいっぱい

ママの穴には魅力がいっぱい

〇さい頃からママと一緒にお風呂に入っている僕。僕が成長するにつれて、ママの裸を見るとエッチな気持ちになるようになってきたんだ。そしてついに、お風呂でママとすごくエッチなことをした。それからは、もうママの体に夢中。ママの体って不思議。女の人の体って不思議。こんなに気持ち良くなれるんだから。特にママの体についている穴は、すごくエッチで僕は大好きなんだ。お口にお尻の穴、そして僕が生まれてきた穴・・・。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<抜粋>僕はママの体についている穴がとても魅力的で大好きなんだ。まずはお口という穴。ママのお口と僕のお口をくっつけてチュパチュパチャプチャプと吸い合っているととても気持ちいい。そしてそれ以上に魅力的なのがママの体の下の方にある穴。下の穴の一つがお尻の穴。ママのお尻の穴はとてもエッチで、僕はこれまでもう何度も何度もママのお尻の穴を舐めた。ママのお尻の穴を見て、舐めながら、僕はおち○ちんをしごくんだ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー少年と母親が甘いセックスをする短編の官能小説です。6000字程度です。

おばさん二人に誘われて、友人と一緒に快楽を味わい尽くした

おばさん二人に誘われて、友人と一緒に快楽を味わい尽くした

ノベル付きCG集です。遊びに出かけた主人公とその友人を、2人のおばさんが自宅に誘う。その後、4人は浴室でセックス。初めて女性を知り、快楽に溺れる主人公と友人。部屋に戻ってさらに激しくセックス。この日、二人は言葉にならないほどの快楽を味わいつくした・・・・・。発情しきった雌と雄。肉と肉がこすれ合い、淫靡な音を立てる。静かな部屋に響く男と女の喘ぎ声。誰にも邪魔されない4人だけの世界。ぶつけ合う体と体。通じ合った心と心。CGは全15枚(景色のCGも含めると17枚)です。

毎晩ママとの快楽に浸る罪深いペニスをぶらつかせて温泉へ ママと行った小さな温泉宿

毎晩ママとの快楽に浸る罪深いペニスをぶらつかせて温泉へ ママと行った小さな温泉宿

ガラ空きの露天風呂には痩せ細った老人が一人。老人の股間には干からびたペニスがついていた。老人のそのペニスはきっと尿をするためだけのペニス。僕はふと自分の股間に目をやった。そこには毎晩ビンビンに勃起してママのオマンコに入り快楽に浸っているペニスがあった。それはあまりに大きな違いであった。交通事故で亡くなった父の分まで激しく母親とセックスする息子の罪深いペニスはこの温泉旅行でも・・・・。文字数4000字程度

息子の巨根を偶然見てしまったことがきっかけで息子と肉体関係を持ってしまった私

息子の巨根を偶然見てしまったことがきっかけで息子と肉体関係を持ってしまった私

裸の息子が中に入っているとも知らずに開けた脱衣所のドア。私が見てしまった息子の裸は、想像よりもずっと逞しいものでした。筋肉も骨格も立派に成長していましたが、最も驚いたのはペニスです。股間からぶらんと垂れ下がっていた息子のペニスは、太ももの中間ほどまでに到達するほどの長さだったのです。もちろん太さも相当なものでした。あんなに大きくて悩んでいるんじゃないか・・・・。私は息子に悩んでいないか聞いてみたいと思いました。だけど本当の目的・・・、それは、悩みを聞いてあげたいというものではなく、息子と肉体関係を持つことでした。あんなに立派なペニスを、食べてしまいたいと思ったのです・・・・。短編のポルノ小説です。文字数は7600字程度です。

ママや、友人のママ達と、みんなで乱交しました2

ママや、友人のママ達と、みんなで乱交しました2

「ママや、友人のママ達と、みんなで乱交しました」の続編です。この作品で完結です。主人公の健太がママを誘って友人たちが開いている乱交パーティーに参加するまでの話です。ーーーーーー【抜粋】ーーーーーー隆介はタンスの中から黒いパッケージに入った怪しげなディスクを取り出して、プレイヤーの中に入れてスイッチを押す。テレビの画面に映し出されたのは、あらわに裸体をさらけ出した男女の姿だった。あえぎ声を通り越してヒイヒイと呻きながら快楽を貪っている。そこには誰一人正常な人間などいなかった。「こ、これが・・・・・・・、これが乱交っ・・・!?」俺は言葉を失い、暫く画面を凝視していた。短編の官能小説です。文字数は4800字程度です。

おばさんの体は僕のもの。僕の体はおばさんのもの。

おばさんの体は僕のもの。僕の体はおばさんのもの。

夜にランニングをしていたら、近所に住むおばさんと出会ったんだ。ご主人が留守だそうで、「もしよかったらうちに寄っていかない?」とおばさん。その夜、おばさんは僕にセックスを教えてくれたんだ。今まで生きてきた中で最高の快楽を味わった僕。それから僕たちは頻繁に体を重ね合う仲になった。日に日にエスカレートしていく僕たちのセックス。おばさんの体は全て僕のもの。そのかわり、僕の体も全部おばさんにあげるからね。【抜粋】仰向けに寝た僕の上に、おばさんが後ろを向いて繋がる体位。おばさんが快楽を求めて激しく腰を振る度に、おばさんの体の重さを感じる。僕達が生きている、ということを実感する体位。僕もおばさんも結局動物同士なんだ。普段僕達が身にまとっている、理性だとか、肩書きだとか、建前だとか、そういうのを全て取っ払って、純粋にお互いを求め合う僕とおばさん。男と女。僕自身、おばさんとセックスをするときは幼少の頃の僕に戻ったように純粋な自分でいられるんだ。ノベル付きCG集です。CGは全部で15枚(景色のCGも含めると19枚)。ノベルのみが入れ替えてある差分を含めた画像は全26枚です。

僕らが巨根になった理由 母子チンマン食べ合いパーティー

僕らが巨根になった理由 母子チンマン食べ合いパーティー

僕らが巨根になったのには理由がある。それぞれの母親と夜な夜なセックスに明け暮れているからだ。ブリーフを履いていてもゴムボールでも入っているかのように膨れ上がり、勃起したなら世界最大級のバナナサイズ。そんな巨根グループがこの度計画したのは大乱交パーティー。母と息子が集まってみんなでワイワイ舐め合い入れ合いっこしようという単純明快なコンセプト。これには僕たち巨根グループはもちろん母親グループも大賛成。近所の公民館の大広間を借りてやろうってことになった。母子乱交パーティーをお楽しみください。文字数1100字程度の掌編小説です。

僕が体験した乱交という驚愕の世界

僕が体験した乱交という驚愕の世界

パパと行った野球観戦。試合が終わった後、僕たちはビジネスホテルに泊まったんだ。好奇心でいっぱいの僕は、パパには内緒でホテルを出て、夜の街に飛び出した。すると、綺麗な二人のお姉さんが僕に話しかけてきたんだ。お姉さんたちは僕に言った。「君、お姉さん達とセックスしたいでしょ?ついてきてよ」言われるままにお姉さんたちについて行って、そして到着した場所。そこでは、僕の想像をはるかに超えた、物凄い光景が繰り広げられていたんだ・・・・。人数にして20人くらいだろうか。男女比は同じくらい。全員一糸まとわぬ裸で・・・・・。広いマットの上で・・・・・・・。凄い体勢になって・・・・・・・。・・・・みんながみんな、セックスしてたんだ・・・・・・・。少年が参加した大乱交の様子を淫乱に描写しました。短編の官能小説です。文字数は5900字程度です。

シャワールームで男の子と激しいセックスをしました

シャワールームで男の子と激しいセックスをしました

私は28歳のOLです。趣味の一人旅行で出かけた温泉宿。風呂上がりに、女風呂の更衣室に裸でうずくまっている男の子を見つけたんです。声をかけると、男の子は恥ずかしそうにしています。「お腹でも痛いの?」すると男の子は立ち上がりました。男の子の股間を見ると、はちきれんばかりにヒクついたおち○ちんが・・・。間違えて女風呂に入って、女の人の体を見て大きくなってしまったとのことです。そしてその後、男の子は裸の私に抱きついてきたんです。私とセックスがしたい、と男の子。火照る体と悶々とした気持ち・・・。私は当然のようにその要求を受け入れました。その後カーテン付きのシャワールームに移動し、もう一心不乱にお互いの体を貪り合い、その男の子と激しい激しいセックスをしました。たまらなく気持ちいいセックスでした。短編の官能小説です。6300字程度です。

水泳部の裏側 秘密で繰り広げられている淫行

水泳部の裏側 秘密で繰り広げられている淫行

俺が所属している水泳部にはとんでもない裏側がある。水泳大会に向けて練習に励む、というのはあくまで表向きの顔に過ぎない。その裏側とは、部活が終わった後、俺たち水泳部の部員とこの学校の女子生徒たちが酒池肉林の大乱交を繰り広げていることだ・・・・。短編の官能小説です。文字数は5200字程度です。

心身ともに傷を負った少年兵のデビン 彼はセックスをするために生まれてきた

心身ともに傷を負った少年兵のデビン 彼はセックスをするために生まれてきた

少年兵デビンはとある村のはずれに傷だらけで倒れていた。デビンは過酷な過去を背負っていた。両親に見捨てられ、差別やいじめを受けたというつらい過去を。心身ともに傷だらけだったデビン。両手の指は大半がなくなっていた。そんなデビンを助けたのは村の住人リアンナ。彼女は衰弱していたデビンに食事を与え、怪我を治療して元気を取り戻させた後、彼にセックスを教えてあげた。知識も教養も社会で生き抜くための知恵も持ち合わせていない彼に、せめてセックスの喜びだけでも与えてあげたいというリアンナの優しさ・・・・。そして激しさを増していくセックス・・・。小説はリアンナ目線で書いています。短編の官能小説です。文字数は6900字程度です。