当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

キーワード
1から7 を表示中 (合計: 7件)
生徒会長完全奴●化カリキュラム

生徒会長完全奴●化カリキュラム

「あんたは今までこの学校で好き勝手やってきたんだよ。今度はあんたが好き勝手される番ってことさ」全寮制の学園、葦原学園男嫌い、厳格で融通の利かない厄介者の生徒会長立ち上がった彼女の調教奴●化計画―脅された彼女に課されたのは日替わりの奉仕カリキュラム奴●化に向けた彼女の地獄の1週間が始まる――◆【藤ノ宮 奏】身長164センチ体重61kg バスト90ウエスト59ヒップ96年齢 1〇才全寮制の学園、葦原学園の生徒会長であり風紀委員グループの長でもある。巨大財閥藤ノ宮家の隠し子であり、その事実を揉み消すように、学園へと送られた。極度の男嫌いであり、無意識的に男には理不尽に強くあたってしまう。また、非常に頑固で融通が利かないため、女にも嫌われている。彼女の権力と財力に惹かれ、周りには親衛隊がいるが、誰一人として彼女を心から信頼はしていない。【基本CG数】11枚【本編CG合計】135枚【総合計】242枚【画像サイズ】2036×2636サイズ 2636×2036サイズ【プレイ内容】・飲尿・精飲・イラマチオ・便器プレイ・雌犬プレイ・ボテ腹etc…微スカ表現あり

産卵義姉 7終

産卵義姉 7終

「産卵義姉【ウミアネ】」 7 最終巻 淫靡なる見せつけファック! 果たして拓司は紀里谷の心を挫き、首尾よく愛美を取り戻すことができるのか? ――「産卵義姉」シリーズ、ここに完結! 〈本文より〉「んン~~~~~~~~ッ!」 入ってきたおれたちを見て紀里谷が抗議の叫びをあげる。もちろん猿ぐつわをかませてあるから、何言ってるかは分からない――まあ、言ってる内容は分かるけど、だいたい。 おれは口に人差し指をあててウィンク。紀里谷をからかうと、義姉さんをエリーが座っていた椅子に座らせた。 股間を紀里谷から見えやすい角度でガバ開きにして、おれは彼女の前にかがみこむ。 疑似卵の薬壜からジェルを中指――と薬指も使って二本ですくい取る。 用法用量の、ざっと三倍くらいありそうだけど……こんなに塗ると、相当長いあいだ現実世界には戻ってこれなさそうだけど……まあいいか。 義姉さんの腰を引き寄せ、淫部の縦肉襞を左右に拡げる。 猛烈抗議の声をあげる紀里谷。 あーうるさい。紀里谷うるさい。さっきから。猿ぐつわが用を成してない。いいや。無視無視。 構わずに淫襞をさらに拡げると……おれは目を瞠った。思わず声が出そうになる。〈……なんてイヤらしい色なんだ……〉 比較するのも何だが、アデリナの「美麗まん」や藤ノ宮エリーの「処女まん」とは景色も迫力も格段に違う。さすが、というか悲しいことに、こちらは荒らされ、使い込まれた感がある。それは肥大したビラビラを縁どる色素沈着に――何よりも、男を咥えこもうと粘液よだれを際限なく垂れ流し続ける淫猥な膣口にあらわれていた。「義姉まん」――三人の女のなかではダントツにエッロエロだ。※成人向け作品です(R-18)※性的描写が含まれます※本作第 7巻が最終巻です文字数:約25000字(読了時間目安50分)

産卵義姉 6

産卵義姉 6

「産卵義姉【ウミアネ】」 6「産卵会」にてアデリナという心強い仲間を得た拓司。 さらには藤ノ宮エリーが…… 義姉の愛美を紀里谷から取り戻す戦いもいよいよ大詰め! 淫靡なる見せつけファックの成否は? 果たして拓司は紀里谷の心を挫き、首尾よく愛美を取り戻すことができるのだろうか?〈本文より〉 と、おれは軽く、両の乳首をピンピンと指ではじく。ブラジャーの上から。勃ってきた乳首が白ブラを押し上げ、何だかブラジャー越しにピンクの色味が透けていた。「んはッ! あ、あんッ! あっ……、はッ!」 体をビクビクふるわせるエリー。相変わらず感度良好だ。「見てるぅ~~、俊くぅん? 彼女、すっごく気持ちよさそうだよぉ~」そして真相究明口調で茶化す。「……それでは、彼女の秘められたるピンクの乳首を見ていただこう……これだっ!」 おれは背中のホックを外すと、エリーのブラジャーをひと剥ぎで取り去った。「あッ、やぁッ!」※成人向け作品です(R-18)※性的描写が含まれます※本作のみでは完結いたしません文字数:約20000字(読了時間目安45分)

ヒトヅマカリ総集編

ヒトヅマカリ総集編

人妻寝取られ 本文160P空白の三ヶ月、執拗な子宮口拡張帰国時に突きつけられた最後の条件、夫の選ぶ答えは…人妻ミサキは難病の我が子の治療費援助の代償に、資産家藤ノ宮にその体を貸し渡す。その間、夫は●●と共に治療のためA国に渡る。定期的に届く妻ミサキの凌●映像、夫はやり場のない気持ちとともに激しく自慰にふける。(ヒトヅマカリ)そして数ヶ月が過ぎ、ミサキは子宮口を開発され、こじ開けられ、貫かれる。(続ヒトヅマカリ)限界を迎えたミサキの些細な抵抗、それ以来三ヶ月間届かない凌●映像。一年間の凌●生活の末ミサキは…帰国時に突きつけられた最後の条件、夫の選ぶ答えは…

産卵義姉 3

産卵義姉 3

「産卵義姉【ウミアネ】」 3 主人公河野拓司は紀里谷から義理姉の愛美を取り戻すべく、藤ノ宮エリーを利用することにする。だが彼女を手に入れるためNTRるには、ある重大な条件をクリアーせねばならなかった! そして、エッグクラブが開催する「産卵会」当日―― なぜか「疑似卵」開発者のアデリナに気に入られてしまう拓司だったが……〈本文より〉 すばやく彼女の胸からブラジャーを剥ぎ取った――「やッ! ああッ! ンはっ!……」 間髪入れず乳首に吸いつき、もう一方の乳首は指先でこねくり、ひねくり、弾き、弾いて、ツブす。「んぅぅッ……!」 やわらかに揺らぐ乳丘の白さはどこまでも白く―― ミルクみたいに甘い、微かな匂いが芳しい―― おれの中の「男」が勃然と立ち上がってゆく。 たまらない。もう、とまらない。 夢中でエリーの乳首を吸った。吸った。強く、ちゅうちゅうチュウチュウ吸った。「ァあぁッ!」※成人向け作品です(R-18)※性的描写が含まれます※本作のみでは完結いたしません文字数:約16000字(読了時間目安40分)

産卵義姉 2

産卵義姉 2

「産卵義姉【ウミアネ】」 2 主人公河野拓司は義理姉の愛美を救うべく、行動を開始した。 宿敵の紀里谷を追跡し、弱味を見つけようというのだ。 そうして数日後―― 拓司は紀里谷の婚約者、藤ノ宮エリーと紀里谷の間に――毀れることがあってはならない――反面、ひどく脆い関係性があることを知る。 ラヴホテルでエリーを緊縛する拓司だが……!〈本文より〉 おれは彼女、エリーの胸へと手を伸ばした。 ゆっくり、ゆっくり、ゆっくりと…… 片方の乳房を、拡げた手のひらで触れる。 そして少しずつ握りこんでゆく―― すると、服の上からでも柔肉にずぶずぶと指がうずまってゆくのがわかる……「でっか……」 巨大双子ムニムニ生物―― こんななのに気づかないなんて、おれはどうかしていた。※成人向け作品です(R-18)※性的描写が含まれます※本作のみでは完結いたしません文字数:約12000字(読了時間目安30分)

わんわんしぃし~ふぇすた!

わんわんしぃし~ふぇすた!

私立R・G(ローゼン・ガルテン)学園はキャラクターコンテンツのクリエイターを幅広く育成するための専門校。日本のサブカルチャーの基礎となる学園だ。ここには優秀な生徒たちが多数在籍、卒業生の多くは、プロとして第一線で活躍している。そして今日から十日間、そんなR・G学園の文化祭が始まる。本来、関係者以外の人間は入れないこの学園の文化祭への招待状が、どういうわけか主人公の少年の下へと舞い込んできた。喜び勇んで学園と向かった主人公は、現れた謎の女・藤ノ宮千年紀(ふじのみやちとせ)から仔犬カフェ「1.1.C.C.」のオトコの子たちと親睦を深めろと言われる。そこで、‘天使の小水’をゲットしないとタイヘンなコトになるというのだが――。※『しぃし~ふぇすたブランにょ~!』は本作と他二作の合併版です。そちらをお買い上げいただいたお客様は、本作をお買い求めいただく必要はありません!※

1から7 を表示中 (合計: 7件)